住いのホームドクターTOPページ
大規模修繕コンサルタントTOP > サービス一覧 > 建物劣化診断サービス

建物劣化診断サービス

本当に必要な工事かを見極める
マンションは竣工した瞬間から劣化へと進みます。そして劣化が進むと建物としての機能を失い、健全な状態で住民が生活を維持することが難しくなります。しかし、何かあった時に対症療法的にマンションを維持するだけでは、長期的に考えた建物維持は困難です。
そこで、長期修繕計画及び大規模修繕工事をにらんだ、マンションの現状に対する「建物診断」が必要になるのです。
しかし、長期修繕計画書に計上された工事費用はかなり高めで積算されています。 管理会社任せで建設会社に見積りをさせると、不必要にグレードの高い仕様で計算されていたり、補修で済む屋根工事を最高グレードの工法を提案されたりします。
修繕積立金がいくらあるかを前提に見積もりする業者すらいます。
的確な劣化診断を行い、本当に必要な工事は何なのかを管理組合様の立場になって考えることが重要なのです!
<調査の内容>
目視や指触、打検によりマンション全体の詳細な検査を行います。
検査日数 4日間程度を要します。(総戸数50戸の場合)
総戸数、建物形状により異なりますので別途ご提案させていただきます。
<基本調査>
■ 躯体関係
  @ コンクリート白亜化の発生状況
  A 鉄筋爆裂の発生状況
  B 防水状況、雨水進入の有無
■ 塗装関係
  @ 錆・割れ・剥がれの発生状況
  A 光沢度の低下、白亜化の発生状況
※築年数、劣化状況により、以下のような専用の測定機器を用いて行う
 調査診断(部分的破壊検査を伴う)が必要な場合もあります。
  例) サンプル採取の為のコンクリート壁の穴開け等
<オプション調査(別途料金)>
■ 躯体関係
  @ コンクリート圧縮強度(小径コア抜き)
  A コンクリート中性化深度(小径コア抜き)
  B コンクリート含有塩分率(小径コア抜き)
■ 塗装関係
  @ 塗膜の付着力、タイル付着力試験
■ 配管類
  @ 肉厚測定(残存寿命推定)
  A 閉塞率測定
  B 加圧測定
■ 機器類
  @ 作動試験
  A 分解試験
以上の調査結果、全戸からのアンケート調査結果(管理組合様にて実施していただきます)、居住者・管理組合様との意見交換を踏まえ、業務報告書として「検査報告書」を作成致します。
<オプションメニュー>は別途お見積りとなります。
築10年〜12年で行われる第1回目の大規模修繕では、<オプションメニュー>の機器による測定や配管・機械類の詳細調査は通常は行わず、劣化状況が激しいときのみ行います。 築20年以上の大規模修繕の場合には<オプションメニュー>の調査が必要となります。
<検査報告書の内容>
 @ 現在の建物の仕様
 A 劣化状況報告
 B 総合所見
 C 問題箇所の原因と対策
 D 修繕時期の提案
このサービスは、マンションの大規模修繕工事に精通した一級建築士が調査・建物劣化診断を行い、適切で良好な大規模修繕が行われるようにアドバイスなどを行うサービスです。

サービスエリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

マンション建物劣化診断サービス
マンション共用部分の詳細な建物診断を行い、建物の現状と修繕すべき箇所について報告書を作成いたします。
 調査料金は個別でお見積いたします。(お見積無料)
※総戸数および建物形状によって料金は異なります。
お問い合わせフォームから「見積り依頼」を選択してください。
◎当社のサービスをご利用いただく方の個人情報・ご相談内容は第三者に
 提供しない事をご誓約いたします。
建物劣化診断サービスまでの流れ
@ お問い合わせフォーム にてご希望日時をご相談ください。
 ※ただいま大変混み合っておりますので事前にご確認下さい。

 ※FAX用お問い合わせフォームをこちらからダウンロードして下さい。 
               FAX用お問い合わせフォーム

   閲覧ソフトの無償ダウンロードはこちらから
     
A お問い合わせフォームにてご確認いただいたお客様には、メール
   (ご希望によりお電話にて)ご連絡いたします。
     
B 物件のパンフレットのコピーをFAXまたはご郵送下さい。

  1.最寄り駅から現地までの案内図
  2.各階平面図
  3.物件概要もしくは建築概要
 
                        送信先はこちらまで>>
     
C 物件の総戸数、建物形状により個別にお見積もりいたします。
  (お見積の前に現地確認させていただく場合もございます)
     
D 別途作成する「発注書」にて正式お申込み。
     
E ご予約当日 マンションのご指定の場所へ伺います。
  建物劣化診断調査を開始いたします。
     
F 管理組合理事様に建物劣化状況調査の検査報告を行います。

  <検査報告書の内容>
   @ 現在の建物の仕様
   A 劣化状況報告
   B 総合所見
   C 問題箇所の原因と対策
   D 修繕時期の提案
    

大規模修繕コンサルティングサービス 一覧

大規模修繕レクチャーサービス
建物劣化診断サービス
改修工事実施設計・仕様書作成サービス
施工会社選定補助業務
施工会社選定補助業務
工事監理業務(第三者監理)
長期修繕計画作成サービス
 お問合せフォームボタン   お申込フォームボタン

当社理念
「安心して永く快適に住むための本当のパートナー」
▲このページのTOPへ