住まいのホームドクター

マンション大規模修繕コンサルタント

住まいのホームドクターは、マンション大規模修繕工事のコンサルタントです。
マンション大規模修繕工事のコンサルタント
大規模修繕コンサルタント 経験豊富な一級建築士が調査・診断・アドバイスいたします
マンション大規模修繕
大規模修繕のご相談はホームドクターへ マンション最大の難関! 大規模修繕工事とは?
大規模修繕コンサルティング

マンションは一般的に10年〜12年毎に保全を目的に行う大規模修繕工事が行われます。

コンクリートの構造体、その皮膜としての塗装、タイル、防水、さらに金属製手摺や扉なども修繕工事を行わないと劣化が進行し、補修では対応できなくなり、入れ替えなどの改修が必要になってしまいます。費用対効果を考え、一般的価値感では補修を適宜行うことを選択します。
補修は化粧直し効果もあり、清潔な住環境を保つ効果がひいては資産価値を守ることになるからです。

第二回目の大規模修繕工事からは設備配管の更新等が必要になってまいります。つまり大規模修繕工事費用が第一回目よりもかかるのです。機械式駐車場も20年から30年程度で新規更新が必要でしょう。エレベーターも30年程度で新規更新を考慮する必要性があります。
つまり、第一回目の大規模修繕工事直前が最も管理組合として潤沢な資金繰りが出来ている状況です。このときに財布の紐が緩み過ぎて過剰な工事を行うと後々修繕積立金が足りなくなって一時金が必要になるなど、困ることになるのです。

大規模修繕工事を目前に控えた管理組合様においては、次回と次々回の工事費用を睨んだ上での工事予算の決定重要なのです。

住まいのホームドクター
大規模修繕      大規模修繕 

大規模修繕      大規模修繕 

大規模修繕その大規模修繕、長期修繕計画で大丈夫?

大規模修繕

マンションの大規模修繕を行うにあたって、通常は管理会社主導で進めることになるでしょう。理事は面倒くさいし、修繕委員会なんて休みの日まで参加してられないよ・・・ 全て管理会社にお任せでいいんじゃない・・・・

ちょっと待ってください!

・本当にその工事は必要な工事ですか?
・見積り金額は適正ですか?
・予定通りの工事はきちんと行われていますか?

大規模修繕失敗しないために、まずは大規模修繕に潜む落とし穴をプロのコンサルタントが伝授いたします!

かっこ下枠
大規模修繕の進め方
アンダーライン
   住まいのホームドクターTOPへ       ▲このページのTOPへ
      大規模修繕TOP

住まいのホームドクター
住まいのホームドクター